紀要論文 第2章 必修教科等の研究 3 数学 「資料の活用」における情報活用能力の育成

髙橋, 利彰

(58)  , pp.40 - 45 , 2016-03
ISSN:1880-9456
NII書誌ID(NCID):AN10448563
内容記述
情報活用能力の育成を目指すには,「資料の活用」の充実を図ることが重要である。特に,「資料の活用」では,統計の知識や技能を身につけ,資料の傾向を読み取ることをねらいとしている。本研究では資料の活用の単元で,いくつかの統計量から代表値を選ばせ,主張の根拠にすることで,論理的な思考力を身につけ,統計の特徴を理解しながら情報を適切に表現し,考察していく力を養うことを目的としている。また,課題設定の工夫や総合学習との連携することで情報活用能力を伸ばしていくことができると考えている。特に,本校で取り組んでいる「情報の時間」や「BIWAKO TIME」に合わせて学習をしていくことで,統計の知識や技能を多面的に捉え,それらを活用して情報活用能力を育成していくことができるであろう。そのために,「資料の活用」を7月に実施し,「情報の時間」や「BT」につながるように授業を展開した。その結果,「資料の活用」で学ぶ知識や技能について活用場面を意識して学習に取り組むことができた。
本文を読む

http://libdspace.biwako.shiga-u.ac.jp/dspace/bitstream/10441/14735/1/58%20%e6%95%b0%e5%ad%a6%20%e9%ab%98%e6%a9%8b.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報