Departmental Bulletin Paper 保育士養成校における「障害児保育」学習者の事前認識に関する一考察

鏡, 昭子  ,  大関, 嘉成

Description
 本研究の目的は、保育士養成校において「障害児保育」を履修する学生が、事前にどのような認識を有しているのかを調査することで、「障害児保育」の教授法を考察することであった。調査の結果、学生は、①障がい児とのコミュニケーションに不安を抱いていること、②障がい児の自立は困難であると認識していること、が確認され、また、保育者の専門性に関しては、③「ヒューマン・スキル」をより重要な専門性の要素として認識していること、④「ヒューマン・スキル」の獲得を目標としているにも関わらず、「テクニカル・スキル」の獲得を優先していること、が確認された。そこで学生には、能動的な学習によって知識を獲得させると共に、内面的な思考様式を意識化させることが必要であると考えられた。
   The aim of this study was to investigate the pre-recognition of the student who learns a subject of child care for handicapped children in nursery teacher’s college, and to consider a teaching method of the subject. The following was confirmed as a result.①Students are worried about communication with a handicapped child.②Students think handicapped children’s independence is difficult.③Students recognize “Human- Skill” is more important element among specialties of child care for handicapped children.④Students prioritize “Technical-Skill” acquisition despite aiming to acquire “Human- Skill.”   Accordingly, it is required that students gain knowledge of handicapped children through active learning, and that they become conscious their internal thinking style.
Full-Text

https://uyo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=311&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information