Departmental Bulletin Paper 幼児教育における地域との連携による成果と課題(1) -教員免許状更新講習受講者を対象として-

松田, 知明

 本研究では、幼児教育における地域連携の展開の方法、その成果や課題、教員養成校の役割を検討するための探索的研究を目的として、幼稚園教諭を主な対象とする教員免許状更新講習の受講者を対象にアンケート調査を実施し分析する。 その結果、幼稚園教諭は地域の人的な資源等を活用することにより、幼稚園教育要領にある地域の人々に親しみを持ち、地域の様々な文化や伝統に親しむなどして、教育活動の充実に効果があると意識している。地域との連携の事業を通して、地域での子育て、子どもが見守られているということなども意識できている。しかし、実施する上での施設の組織体制や設備などの課題を意識していることなどが分かる。その結果をもとに、今後幼児教育における地域との連携を推進するための方法について、施設側及び教員養成校のそれぞれ役割について検討する。
   The purpose of this research is exploratory study to examine the problem of community collaboration in early childhood education by conducting a survey of kindergarten teachers' attitudes on collaboration with the community in childhood education..   As a result of the survey, the kindergarten teacher is conscious of its effectiveness in enhancing educational activities. Through collaboration with local communities, I am conscious of parenting in the community, children are watching. However, I realized that I was conscious of the problems in implementation. Based on the results, we examined means for promoting cooperation with the community in early childhood education in the future.

Number of accesses :  

Other information