Journal Article <総説>アストロサイト依存的虚血耐性の分子メカニズム解析

平山, 友里

32 ( 1 )  , pp.1 - 5 , 2017 , 山梨大学医学会
ISSN:1348-5091
NCID:AA11839837
Description
虚血耐性とは,先行して非侵襲的な虚血を経験すると,その後の侵襲的な虚血に対する抵抗性が増す現象であり,最も脆弱な臓器である脳でも認められる。近年,神経細胞の機能維持及び保護には,神経細胞以上に周辺のグリア細胞の役割が重要であることが分かってきたが,虚血耐性におけるグリア細胞の役割は殆ど分かっていない。筆者らは,in vivoマウス脳虚血耐性モデルを作成し,虚血耐性現象の分子メカニズムをグリア細胞の視点から明らかにした。本稿では,虚血耐性現象におけるグリア細胞の役割とその分子メカニズムについて概説する。
Full-Text

http://opac.lib.yamanashi.ac.jp/opac/repository/1/29952/YMJ32-1-001to005.pdf

Number of accesses :  

Other information