紀要論文 マティアス・ペルトの日記に見られる1814年~1815年のウィーン会議と音楽 - その2 : 舞踏会とワルツ
The Congress of Vienna and Music as Revealed in the Diaries of Matthias Perth (1814-1815), Part 2 : Balls and Waltzes

グローマー, ジェラルド

1pp.225 - 232 , 2017-03-07 , 山梨大学教育学部
ISSN:2433-0418
NII書誌ID(NCID):AA12782269
内容記述
1814年~1815年に開かれた「ウィーン会議」では政治交渉のさなかに催された数多くの舞踏会と大規模な乗馬競技会、式典などがヨーロッパの人々の耳目を引いた。「会議は踊る、されど進まず」という名言が示す通り、多くの参加者はダンスに熱中し、特に「ワルツァー」(ワルツ)と称された当時はまだ新味を帯びたダンスが人気を博した。この研究では、中間官僚であったマティアス・ペルト(Matthias Franz Perth, 1788年~1856年)が残した未刊の日記の中からウィーン会議にともなう舞踏会に関する記録を紹介し、他の目撃者の記録も参照しながら当時の舞踏会の実態をさぐり、ウィンナー・ワルツの誕生、発展、社会的意味を探る。
The Congress of Vienna, held in the years 1814 and 1815, was carefully watched by the European public not just for its political negotiations, but also for the grand balls and ceremonials events that accompanied it.As indicated by the famous quip that "the congress dances but does not progress," many of the participants spent their time at grand balls where among other genres the Viennese waltz was danced.This paper uses eye-witness sources including the unpublished diary of the mid-level bureaucrat Matthias Franz Perth (1788-1856) to trace the development of the Viennese waltz and analyze the social meaning dancing had for participants of the Congress.
本文を読む

http://opac.lib.yamanashi.ac.jp/opac/repository/1/29882/24330418_1_225-232.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報