学術雑誌論文 <症例報告>手術療法により間質性肺炎が改善した甲状腺髄様癌合併皮膚筋炎の1例

原井,望  ,  花井,俊一朗  ,  張磨,則之  ,  久保寺,綾子  ,  一條,昌志  ,  古屋,文彦  ,  志村,浩己  ,  北村,健一郎

31 ( 1 )  , pp.21 - 26 , 2016 , 山梨大学医学会
ISSN:1348-5091
NII書誌ID(NCID):AA11839837
内容記述
症例は59歳の女性,主訴は発熱,咳嗽。入院1ヶ月前より発熱,咳嗽が出現した。爪囲紅斑,Gottron徴候,機械工の手,胸部単純CT検査で間質性肺炎を認め,皮膚筋炎と診断した。筋力低下は認めずclinically amyopathic dermatomyositis(CADM)と考えた。悪性腫瘍の検索では甲状腺右葉に約20mm の結節があり,穿刺吸引細胞診で髄様癌と診断した。甲状腺癌術前に皮膚筋炎,間質性肺炎の安定化が必要と考えプレドニゾロン(PSL)30 mg/日,シクロスポリン(CyA)75 mg/日内服による治療を開始し,皮膚症状は速やかに改善した。しかし,間質性肺炎の改善は乏しく,第35病日にメチルプレドニゾロン1000 mg のパルス療法を施行したが,胸部CT所見に変化はみられなかった。間質性肺炎の改善を期待し,第101病日に甲状腺全摘術,右D2aリンパ節郭清術を行った。術後は間質性肺炎の改善を認め,術後1ヶ月で胸部CTの陰影は殆ど消失した。現在,PSL5mg/日で皮膚筋炎,間質性肺炎は安定し,悪性腫瘍の再発もみられていない。
本文を読む

http://opac.lib.yamanashi.ac.jp/opac/repository/1/29675/YMJ31-1-021to026.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報