Technical Report Low-frequency IL23R coding variant associated with Crohn’s disease susceptibility in Japanese subjects identified by personal genomics analysis.

Onodera, Kei

85 ( 1-6 )  , pp.58 - 59 , 2016-12-01 , 札幌医科大学医学部
ISSN:0036-472X
Description
日本人クローン病小家系を対象としたパーソナル解析を通じて,IL23R遺伝子の比較的低頻度の変異 (G149R,rs76418789) が日本人クローン病と関連することをはじめて明らかにした.本手法により新たな疾患感受性遺伝子が同定される可能性があり,今後も極めて意義のある検討方法と考える.
Full-Text

http://ir.cc.sapmed.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/6956/1/11%20%e7%a0%94%e7%a9%b6%e8%ab%96%e6%96%87%e7%b4%b9%e4%bb%8b_Onodera.pdf

Number of accesses :  

Other information