テクニカルレポート 骨盤骨折でショックに陥り死亡した1例

木村, 修平  ,  村上, 雄紀  ,  中川, 敬太  ,  舘岡, 一芳

23 ( 1 )  , pp.31 - 33 , 2015-07-01 , 名寄市立総合病院
ISSN:1340-2749
内容記述
2014年度に当院ではへリポートが開設され, 試験的に救急科の運用も開始された。今後, 様々な症例が当院に搬送されてくることが予想される。骨盤骨折は高エネルギー事故や多発外傷の一要素と位置付けられているが, 出血性ショックを呈していた場合, 救命が困難となることがある。CPA(Cardiopulmonary arrest: 心肺停止.以下CPA)後のCPR(Cardiopulmonary Resuscitation:心肺蘇生. 以下CPR) によりROSC(return of spontaneous circulation: 心拍再開.以下ROSC) を得たが, 不幸な転機を辿った一例を報告する。
本文を読む

http://ir.cc.sapmed.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/6896/1/n1340274923131.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報