紀要論文 保健医療系の大学院博士前期課程における統計教育のあり方の検討 : 過去10年間の札幌医科大学保健医療学研究科修士論文の分析を通して

高橋, 義信

内容記述
保健医療系の大学院博士前期課程における統計教育のあり方を検討するため、過去10年間に提出された札幌医科大学保健医療学研究科修士論文において、どのような統計手法が使用されてきたかを調べた。使用された統計手法は、30であり、2群の差の比較、3群の差の比較、多因子分散分析、関連、回帰分析、因子分析、測定値の評価の7つのカテゴリーであった。また札幌医科大学で現在使用可能な統計パッケージ「Dr.SPSSⅡ for Windows」の統計教育の教材としての適切性を検討した。
本文を読む

http://ir.cc.sapmed.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/6765/1/l12237717.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報