学術雑誌論文 膝関節立位負荷撮影法の検討

中村, 優平  ,  小濱, 達也  ,  佐々木, 絢加  ,  宇野, 弘幸  ,  畠山, 遼兵  ,  狩野, 麻名美  ,  真壁, 武司  ,  平賀, 康晴  ,  佐藤, 隆弘

2015-11-30 , 市立函館病院
ISSN:0910-0725
内容記述
変形性膝関節症などの診断に,立位膝正面X線撮影は欠かせない撮影法の一つである1)。この撮影法は,負荷時に非負荷時では描出し得ない関節間隙の狭小化を描出し,また下腿アライメントの変化を捉えることが可能である。当院における膝関節立位負荷撮影法は,片足立位負荷撮影を使用している。しかし,片足に体重をのせきらずに撮影したり,片足立ちしても負荷をかけられず不安定になり体動が生じることもあり,最大限の負荷をかけるのが困難である。そこで,患者に安全なポジショニングで膝関節立位負荷撮影を行うため,荷重方法の検討を行った。また,診療放射線技師が統一した撮影法で再現性のある画像を提供することを目的とした。
本文を読む

http://ir.cc.sapmed.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/6497/1/n0910-072539113.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報