学術雑誌論文 当院における近年の上部尿路結石症治療の変遷

水野, 孝祐  ,  加藤, 隆一  ,  宮尾, 則臣

2015-09-30 , 市立室蘭総合病院
ISSN:0289-2774
内容記述
当院では2009年9月より軟性尿管鏡(flexible scope)を導入し、上部尿路結石症に対して軟性鏡を用いた経尿道的砕石術(flexible-transurethral lithotripsy:f-TUL)を施行するようになった。今回当院におけるf-TUL 導入前後での上部尿路結石症に対する初回治療内容の変遷と、治療成績に関して検討した。2002年1月から2012年12月までで上部尿路結石症に対して体外衝撃波結石破砕術(extracorporeal shock wave lithotripsy:ESWL)、あるいは(rigid & flexible)TUL を施行した延べ1939件の内、初回治療として施行された611件を対象とした。f-TUL 導入前には初回治療としてのTUL 施行率は11.4%だったのに対し、導入後では46.4%と有意にTUL の施行率が上昇していた。TUL の初回治療による完全排石率(stone free rate:SFR)はf-TUL 導入前には70.3%であったのに対し、導入後には90.6%と有意に上昇していた。ESWL、TUL を合わせた全体的なSFR も43.8%から68.9%と有意に上昇しており、f-TUL の有用性が示唆された。
本文を読む

http://ir.cc.sapmed.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/6464/1/n0289277440127.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報