学位論文 主治医から見た統合失調症家族心理教育の意義に関する検証

辻, かをる

2016-03-18
内容記述
博士(医学) 乙第2901号(主論文の要旨、要約、審査結果の要旨、本文),著者名:辻かをる・小林清香・大下隆司・石郷岡純,タイトル:主治医から見た統合失調症家族心理教育の意義に関する検証,掲載誌:東京女子医科大学雑誌(0040-9022),巻・頁・年:86巻臨増1号 p.E59-E66(2016)
本文を読む

https://twinkle.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=23881&item_no=1&attribute_id=60&file_no=1

https://twinkle.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=23881&item_no=1&attribute_id=60&file_no=2

https://twinkle.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=23881&item_no=1&attribute_id=60&file_no=3

https://twinkle.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=23881&item_no=1&attribute_id=60&file_no=4

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報