学位論文 術前術後AFP-L3分画は肝細胞癌術後早期および長期経過後の再発予測に有用である

阪井, 守

2015-06-19
内容記述
博士(医学) 乙第2878号(主論文の要旨、要約、審査結果の要旨、本文)著者名:阪井守・斎藤明子・桂川秀雄・山本雅一,タイトル:術前術後AFP-L3分画は肝細胞癌術後早期および長期経過後の再発予測に有用である,掲載誌:東京女子医科大学雑誌(0040-9022),巻・頁・年:85巻1号 p.9-15(2015)
本文を読む

https://twinkle.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=23675&item_no=1&attribute_id=60&file_no=1

https://twinkle.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=23675&item_no=1&attribute_id=60&file_no=2

https://twinkle.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=23675&item_no=1&attribute_id=60&file_no=3

https://twinkle.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=23675&item_no=1&attribute_id=60&file_no=4

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報