研究報告書 13 歴史民俗資料としてみる『風俗画報』の再検討 -挿絵に描かれた様々な事物の分析から-

石井, 和帆  ,  Ishii, Kazuho

14pp.109 - 148 , 2017-03-20 , 神奈川大学日本常民文化研究所 非文字資料研究センター
内容記述
 『風俗画報』とは、明治・大正期に東陽堂から発行された画報雑誌である。明治22年2月から大正5年3月に最終号を出すまで、27年間にわたって通巻478号を数え、増刊号を合わせて518冊ほど刊行された。 絵画や写真を重視した同書は、当時の風俗を研究する上で、歴史民俗資料として見逃すことができない文献である。だが、それにもかかわらず、同書は安定した評価をされておらず、同書に関する研究も多いとはいえない。 本論文は特集号である『新撰東京歳事記』の上下巻を対象に、挿絵の中で雑多に描かれた明治期の風俗や事物について分析・読解をして歴史的考証を行う。すなわち、無数に描かれた事物を文献や写真資料などと比較検討を行い、『風俗画報』が当時の生活文化や歴史を知る上で有効な資料であることを実証することを試みるものである。 主題目以外の事物に着目して分析すると、描かれた人物の姿態や風景は当時の時代を反映していることが分かると共に、描かれていない事物も明らかになる。洋装姿の人物が極端に少ないことや、寺社の境内にある常灯明に刻まれた文字が挿絵に描かれていないこと、行楽地における移動手段である人力車が写真と挿絵では異なることなどが明らかになった。 以上のことから、絵師である山本松谷は演出のために画面構成を変えていることは確かであるが、描かれた事物については時代を反映したものだと結論づけることができる。 演出のために描かれていない事物も存在し、事物の姿態が微細に描かれているために印刷した際に潰れてしまい、確認できない事物も存在するのだが、当時の生活文化や歴史を知る上で『風俗画報』が有用な資料であることは明確である。
Fuzoku Gaho was a magazine dedicated to genre scenes published by Toyodo from February 1889(Meiji 22)to March 1916(Taisho 5). Over a period of 27 years, it ran 478 consecutive issues plus extras for a total of some 518 volumes. The journal prominently featuring pictures and photographs ought to be a major source material of history and folklore studies covering the customs and mores of Japanese society in its early years of Westernization. Yet assessment is mixed and little research has been devoted to the publication. This paper analyzes, interprets, and conducts a historical investigation of the assorted mores and minutiae of the Meiji period depicted in book illustrations, with a focus on the two-part special issue Shinsen Tokyo Saijiki. By drawing a comparison between the countless trifles portrayed and other literary and photographic references, it seeks to demonstrate that Fuzoku Gaho is a valid source material of the history and culture of everyday life in late 19th century Japan.  An analysis of the fine details, other than the main subject matter, suggests that gestures and settings reflect the circumstances of the times. Moreover, it reveals what is not depicted. For instance, there are extremely few figures in Western attire. Writings on the altar lamp at a Buddhist temple or Shinto shrine do not appear in illustrations. And rickshaws, a means of transportation in holiday resorts, differ between pictures and photographs. All of this demonstrates that the illustrator, Matsutani Shoun, modified his compositions for effect. One may conclude, however, that the details of his work are nevertheless a reflection of the times. Certain minutiae are omitted for effect, and others are rendered so intricately that they have vanished in the printing process and are no longer visible. This much is beyond question. Yet clearly Fuzoku Gaho is a valuable source material for gaining insight into the history and culture of everyday life in Japan at the dawn of modernization.
個人研究論文
本文を読む

http://klibredb.lib.kanagawa-u.ac.jp/dspace/bitstream/10487/14909/1/14-13.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報