紀要論文 転倒予防のための障害物回避行動に関する基礎研究 : 障害物の跨ぎ越えにみられる適応性
A study on obstacle avoidance toward fall prevention : adaptability in stepping-over behavior

児玉, 謙太郎  ,  Kodama, Kentaro  ,  安田, 和弘  ,  Yasuda, Kazuhiro  ,  園田, 耕平  ,  Sonoda, Kouhei

43pp.97 - 107 , 2017-03-25 , 神奈川大学経済貿易研究所
NII書誌ID(NCID):AN00071389
内容記述
本研究では、障害物回避行動のひとつである跨ぎ越え動作のダイナミクスを明らかにするため、障害物の高さの変化に伴い、跨ぎ越え動作がどのように変化するかを検討する。本稿では、若年健常者を対象に行った予備実験の結果を報告する。跨ぎ越える際の爪先と障害物との距離であるクリアランスの標準偏差について、バー高さを要因とした1要因分散分析を行った結果、有意差は認められなかった。この結果について、サンプル数の問題と、今回の実験参加者の間での個人差の問題が考察された。今後、身体特性である脚の長さについて事前の標準化、他の分析指標の導入の検討が求められる。本実験によって、跨ぎ越え動作にて行動が安定化/不安定化する条件が明らかになれば、安全な障害物回避行動について理解が深まるであろう。そのため、本研究の知見は、将来的には、高齢者や運動機能障害者の転倒予防のための効果的で安全な訓練方法の提案などにつながる。
論説
本文を読む

http://klibredb.lib.kanagawa-u.ac.jp/dspace/bitstream/10487/14566/1/43-07.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報