Departmental Bulletin Paper 大学生を対象としたNPOインターンシップの役割について(第二報) -受け入れ団体からみた意義と特徴-
The Social Function of Internship Program with Non-Profit Organization (NPO) for University Students (the Second Report) : Characterization of the Program View from NPO

山岡, 義卓  ,  Yamaoka, Yoshitaku  ,  高橋, 利道  ,  Takahashi, Toshimichi  ,  高城, 芳之  ,  Takajo, Yoshiyuki

51pp.139 - 155 , 2015-03-31 , 神奈川大学経営学部
NCID:AN10153220
Description
横浜エリアで実施されている大学生を対象とした、NPOインターンシップ(以下、「本インターンシップ」と言う。)において、受け入れ団体へのアンケート及びヒアリング調査により、NPOにおけるインターンシップの目的や成果、実施内容等を確認し、企業におけるインターンシップ、あるいはボランティアとの違いについて考察した。 多くの団体が、本インターンシップにより、「団体の活動を知ってもらうことができる」「若い人たちの知恵や発想を活用できる」など目的に応じた成果を得ていることが確認された。また、企業インターンシップやボランティアとの比較において、次の3点が示唆された。①インターンシップは人材育成の要素を含む営みであるが、NPOと企業では、人材育成の意味合いが異なる。すなわち、企業における人材育成は、多くの場合、企業内の人材育成を指すのに対し、NPOにおける人材育成は、社会全体における人材育成を指す場合が多い。そのため、両者におけるインターンシップのありようは本質的に異なる。②NPOから見ればボランティアもインターンシップも学生を受け入れるという点においては同じであり、両者の境界はあいまいである。インターンシップは就業体験であるが、NPOのインターンシップではその意味合いは薄く、多くの場合、インターンシップもボランティアの一形態と考えられている。③インターンシップであれボランティアであれ、NPOにおける学生受け入れのありかた(実習期間やプログラム等)は、各団体のミッションや事業内容によって大きく異なる。 以上より、NPOにおけるインターンシップの実施にあたっては、こうした特性を踏まえた実施や運営、コーディネートが必要と考えられる。
研究ノート
Full-Text

http://klibredb.lib.kanagawa-u.ac.jp/dspace/bitstream/10487/13546/1/51-11.pdf

Number of accesses :  

Other information