紀要論文 剣道における女子大学生の競技力に関する研究 -全日本女子学生剣道優勝大会における上位チームの選手構成に見る個々の競技実績が結果に与える影響及び関連性についての研究-
A Study on Competition Skills of Female University Students in Kendo : The Relationship between Team Members' Individual Competition Records and the Success of Top Ranking Teams in All Japan Female Students Kendo Championships

櫻井, 美子  ,  Sakurai, Yoshiko  ,  岡田, 守正  ,  Okada, Morimasa  ,  新里, 知佳野  ,  Niizato, Chikano  ,  古澤, 伸晃  ,  Furusawa, Nobuaki  ,  八木沢, 誠  ,  Yagisawa, Makoto

51pp.89 - 100 , 2015-03-31 , 神奈川大学経営学部
NII書誌ID(NCID):AN10153220
内容記述
近年、女子大学生剣士の活躍は顕著であり、全日本女子剣道選手権大会や世界剣道選手権大会で存在感を示している。平成24年、27年に行われた世界剣道選手権大会では日本代表選手10名の中に女子大学生が選出され団体戦のメンバーとして出場し優勝に貢献した。また、平成30年に韓国で行われる世界剣道選手権大会に向けて新たな日本代表候補選手が選出されたが、平成27年12月現在33名中14名が女子大学生であり、これからの日本の剣道界、そして世界の女子剣道を牽引する存在である。このように、今後も女子剣道界を支えていく可能性が高い女子大学生であるが、これまで女子大学生剣士の競技力に関する研究はほとんどなく、彼女たちがどのような環境の中で剣道を続け現在に至っているのか、また、そこに何かしらの共通点があるのか明確ではない。 そこで本研究では、大学女子学生の最高峰である全日本女子学生剣道優勝大会の決勝戦に進出した選手に焦点を当て、彼女たちの競技成績を調査することとした。女子大学生剣士の競技力を向上させるために必要な条件やトップ大学にみられる共通点を明確にすることで、今後の意識付けや活動の方向性、指導法の一例になると考え研究を進めることとした。
研究論文
本文を読む

http://klibredb.lib.kanagawa-u.ac.jp/dspace/bitstream/10487/13542/1/51-07.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報