紀要論文 我が国の義務教育課程における道徳教育のあり方の説明モデル

村越, 純子

1pp.5 - 21 , 2017-11 , 城西大学教職課程センター
ISSN:2433541X
内容記述
筆者は,これまでスペイン科学研究高等会議・人文社会科学研究所を拠点として道徳教育に関する日・西比較研究をすすめてきた。研究成果を報告するなかで,我が国の教育基本法の前文にある「豊かな人間性」と第2条の「自主及び自律の精神」や「公共の精神」との関係や,「我が国と郷土を愛する」という概念などは,スペイン語訳を提示しただけではスペイン人研究者に理解してもらえないという認識にいたった。スペイン社会においては,道徳教育は特定の宗教に基づいて行われるものという考え方が一般的であるため,宗教に基づかずに道徳教育を実施することが可能であるという日本の考え方そのものが,理解され難いのである。そこで本稿では,2019年から位置づけが変わる我が国の義務教育課程における道徳教育のあり方を,「特別の教科 道徳」の根拠法である教育基本法の解釈に基づいて,外国人に分かりやすく説明するモデルを提案した。 Although they claim that DOUTOKU is not derived from religion, Japanese policymakers charged with designing educational curricula seem to have incorporated the moral tenets of several religions in the new moral education course, “DOUTOKU”, which has been scheduled for inclusion in the compulsory education system in 2019. Many Spanishindividuals, especially educational sociologists who identify as Catholic, seem to be at a total loss to understand DOUTOKU because they believe that the moral education offered from elementary to high school should be based on only one religion. Indeed, I have noticed differences between Japanese and Spanish individuals in their perspectives on moral education. In this paper, I try to create a conceptual diagram for use in explaining the characteristics of DOUTOKU to Catholic individuals. This diagram is based on an interpretation of the Japanese Fundamental Law of Education that serves as the foundation for DOUTOKU.
論文
本文を読む

http://libir.josai.ac.jp/il/user_contents/02/G0000284repository/pdf/JOS-2433541X-0102.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報