Research Paper 種々の脂肪酸摂取および直接投与が心血管機能に及ぼす効果の検討

加園, 恵三  ,  野部, 浩司  ,  大竹, 一男  ,  竹之内, 康広

基盤研究(C)(一般) ( 研究課題番号26350904 )  , pp.1 - 6 , 2017-08 , 城西大学
Description
<1>パルミトオレイン酸(POA)の2週間の経口投与は糖尿病モデルマウス(KKA-y)のインスリン抵抗性を改善し、血糖値を低下させた。また、POA投与により代償的にPPAR-δによる弛緩の増強が引き起こされた可能性がある。<2>エイコサペンタエン酸(EPA)は濃度依存的にTNF-αによって増加したヒト大動脈血管内皮細胞株のVCAM-1およびICAM-1タンパク質発現量を抑制した。低酸素環境利用における魚油製剤服用により、持久力の改善効果を下げることなくHt値上昇による心血管系への負担を減少できると考えられた。 <1>The administration of palmitoleic acid (POA) for 2 weeks improved the insulin resistance and reduced the plasma glucose levels in diabetic model mice (KKA-y).It was speculated that the administration of POA compensatory increased the relaxation response induced by PPAR-δ<2>Eicosapentaenoic acid (EPA) dose-dependently decreased the up-regulated protein levels of VCAM-1 and ICAM-1 induced by TNF-α in human aortic endothelial cells.<3>It is speculated that fish oil supplementation reduces the cardiovascular loading induced by increase of Ht during hypoxic training without blunting the improvement of endurance performance.
科学研究費助成事業研究成果報告書. 研究種目 : 基盤研究(C)(一般), 研究期間 : 2014~2016, 課題番号 : 26350904. 研究課題名(和文)種々の脂肪酸摂取および直接投与が心血管機能に及ぼす効果の検討 (英文)The investigations of the effects of fatty acids consumption or direct administration on the functions of cardiovascular system. 研究代表者 加園, 恵三 (Kasono, Keizo), 城西大学・薬学部・教授, 研究者番号 : 90177387
Full-Text

http://libir.josai.ac.jp/il/user_contents/02/G0000284repository/pdf/JOS-kaken26350904.pdf

Number of accesses :  

Other information