研究報告書 不飽和脂肪酸摂取によるうつ病の予防と改善-オリゴデンドロサイトの新生・分化の促進

片倉, 賢紀  ,  紫藤, 治  ,  橋本, 道男  ,  松崎, 健太郎  ,  奥井, 俊之

基盤研究(C)(一般) ( 研究課題番号26350120 )  , pp.1 - 5 , 2017-05 , 城西大学
内容記述
本研究では不飽和脂肪酸の摂取によるうつ病の予防と治療の可能性を検証した。うつ病患者の脳内では多価不飽和脂肪酸量が低下していることやオリゴデンドロサイトが欠落しているという報告がある。本研究では、オリゴデンドロサイトに着目し、不飽和脂肪酸がオリゴデンドロサイトの分化に与える影響を検討した。また、ヒトの赤血球膜脂肪酸とうつ症状との関連を検討した。オリゴデンドロサイト前駆細胞の成熟は多価不飽和脂肪酸により濃度依存的に促進された。ストレス負荷ラットに多価不飽和脂肪酸を投与すると、ストレスが軽減された。以上のことから、不飽和脂肪酸の摂取は、うつ病の重症化を予防する効果が認められた。 In the present study, we assessed possibility of unsaturated fatty acid to treat depression. Polyunsaturated fatty acids and oligodendrocyte have been reported taht were decreased in patients brain of depression. In the present study, we focused on oligodendrocyte and assessed how unsaturated fatty acids affects oligodendrocyte differentiation; we analyzed relationships between red blood cell membrane fatty acids levels and score for depression (Zung Self-rating Depression Scale). Unsaturated fatty acids dose-dependently enhanced oligodendrocyte differentiation from both neural stem cells and oligodendrocyte progenitor cells. Polyunsaturated fatty acids diminished depressive symptoms by assessed forced-swim tests. Decreased Red blood cell membrane mono-unsaturated fatty acids and n-3 polyunsaturated fatty acids were related with SDS scale. These results were indicated that unsaturated fatty acids may prevent and treat depression by affecting oligodendrocyte differentiation.
科学研究費助成事業研究成果報告書. 研究種目 : 基盤研究(C)(一般), 研究期間 : 2014~2016, 課題番号 : 26350120. 研究課題名(和文)不飽和脂肪酸摂取によるうつ病の予防と改善‐オリゴデンドロサイトの新生・分化の促進, (英文)Prevention and recovery of depression by unsaturated fatty acids intake. 研究代表者 片倉, 賢紀 (Katakura, Masanori), 城西大学・薬学部・准教授, 研究者番号 : 40383179
本文を読む

http://libir.josai.ac.jp/il/user_contents/02/G0000284repository/pdf/JOS-kaken26350120.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報