研究報告書 プロヴァンス地方のロマネスク美術における擬古主義

奈良澤, 由美

基盤研究(C)(一般) ( 研究課題番号26370125 )  , pp.1 - 4 , 2017-06 , 城西大学
内容記述
プロヴァンス地方のロマネスク聖堂において、聖人崇敬の礼拝空間の創造のための「擬古的な演出」が特に明確である作例の現地調査、記録、分析を行い、またそれぞれに関する歴史資料、発掘報告書などを収集して検討した。これら擬古的作例の研究から「過去のねつ造」の意図性が検証された。また、初期中世からロマネスク時代までの年代判別の難しい装飾モティーフ(アカンサス、パルメット、組み紐模様など)を持つ彫刻群の調査を行い、その分析研究のために、地中海地域の広い時代にまたがった装飾に関する参考文献・図像資料を収集し、比較研究を進めた。 This study verified "intentional archaism" which can be revealed in some Romanesque churches in Provence. I examined several typical monuments, whose origins can be traced back to the Early Middle Ages, in which were created places of worship for their saints in the Romanesque period. Examples include the Abbey of Saint-Victor of Marseille, the Sainte-Marie-et-Saint-Veran Church of Fontaine-de-Vaucluse and the Sainte-Anne Cathedral of Apt. Analysis of the decor was carried out to obtain a more precise dating. I also studied the re-use of ancient stones in each space of worship, which displayed their tradition.As a comparative study, I have widely documented several archaistic decorative motifs used in Romanesque art in Provence, such as acanthus and interlacing.
科学研究費助成事業研究成果報告書. 研究種目 : 基盤研究(C)(一般), 研究期間 : 2014~2016, 課題番号 : 26370125. 研究課題名(和文)プロヴァンス地方のロマネスク美術における擬古主義, (英文)Archaism in the Romanesque Art of Provence. 研究代表者 奈良澤, 由美 (Narasawa, Yumi), 城西大学・現代政策学部・准教授, 研究者番号 : 60251378
本文を読む

http://libir.josai.ac.jp/il/user_contents/02/G0000284repository/pdf/JOS-kaken26370125.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報