研究報告書 健康食品の表示規制緩和に関する医療従事者の情報リテラシーと消費者ニーズの解明

山王丸, 靖子  ,  和田, 政裕  ,  沼尻, 幸彦

基盤研究(C)(一般) ( 研究課題番号26350870 )  , pp.1 - 6 , 2017-08 , 城西大学
内容記述
健康食品に対するイメージ、知識・認識について、一般消費者と医療従事者間には差が見られた。薬剤師は、健康食品は医療品とは異なるとの認識をしていた。管理栄養士は手軽に摂取できる反面、作用について不安を感じていた。助産師は、一般消費者と知識・認識が同程度であり摂取に対する抵抗は少なかった。医療従事者間の違いは、養成課程における教育内容の違いに起因すると考えられた。本調査結果は以下である。①国は国民に対して健康食品の定義・表示・情報をわかりやすく示す。②医療専門職は国等が発信する情報を得て統一見解を持つ。③医療専門職養成機関は健康食品に関する教育内容に共通性を持たせ、情報リテラシー教育の充実化を図る。 There are differences in knowledge and recognition of health food between general consumers and medical workers.The pharmacists recognized the health food differs from medicines.Although the national registered dietitians think that taking health food is easy but at the same time,they had had certain concern on the functions of it.Similar results are shown on the midwives for the perceptions and knowledge as those on general consumers,and the resistance to intake was low.It was concluded that various differences amang medical workers are originated from the difference in the educational programs respctively.The followings were suggested from the result. 1.National government should release the information on health food to public. 2.The medical workers should have a unified view on the information which will have been released from the government. 3.The medical training course should have common contents on the health foods, and enhance the information literacy education.
科学研究費助成事業研究成果報告書. 研究種目 : 基盤研究(C)(一般), 研究期間 : 2014~2016, 課題番号 : 26350870. 研究課題名(和文)健康食品の表示規制緩和に関する医療従事者の情報リテラシーと消費者ニーズの解明, (英文)The elucidation of consumer needs and information literacy of medical workers for health food concerning relaxation of claim regulation. 研究代表者 山王丸, 靖子, (Sannomaru, Yasuko) , 城西大学・薬学部・准教授, 研究者番号 : 00364183
本文を読む

http://libir.josai.ac.jp/il/user_contents/02/G0000284repository/pdf/JOS-kaken26350870.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報