Departmental Bulletin Paper アジア若年者の仕事満足度に関する国際比較 : 男女間差異に着目して
アジア ジャクネンシャ ノ シゴト マンゾクド ニ カンスル コクサイ ヒカク ダンジョカン サイ ニ チャクモク シテ
Gender Differences Young Workers’ Job Satisfaction in Asia : An International Comparison

大薗, 陽子

9 ( 1 )  , pp.21 - 35 , 2016-03 , 城西現代政策研究
ISSN:18819001
NCID:AA12218766
Description
本論文の目的は、仕事満足度に関する若年者の男女の差異に関して、アジアの8 か国(日本、中国、韓国、インド、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナム)について検討することにある。使用するデータは、リクルートワークス研究所が調査した「Global Career Survey, 2012」である。分析の結果、アジアの8 か国全体の推計では、仕事満足度において、女性ダミーが1% 水準で有意に正の影響を与えていた。さらに、アジア8か国毎の推計では、仕事満足度において、中国では、女性ダミーが5% 水準で有意に負の影響、日本では、女性ダミーが1%水準で有意に正の影響、タイでは、女性ダミーが10% 水準で有意に正の影響を与えており、国によって違いが見られた。The purpose of this study is to examine differences in the degree of job satisfaction between the young men and women in eight Asian countries (Japan, China, South Korea, India, Thailand, Malaysia, Indonesia, and Vietnam). The data used in this study were taken from Global Career Survey, 2012, conducted by the Recruit Works Institute. The results of the analysis show that among the estimates of job satisfaction for the eight countries, those for the female dummy variable had a positive significance at the level of 1%. However, outcomes varied by country. Of the country-by-country estimates of job satisfaction for these eight countries, including Japan, the female dummy variable for China had a negative significance at a level of 5%; the female dummy variable for Japan and Thailand had a positive significance at levels of 1% and 10%, respectively.
Full-Text

http://libir.josai.ac.jp/il/user_contents/02/G0000284repository/pdf/JOS-18819001-0912.pdf

Number of accesses :  

Other information