研究報告書 室温合成量子ドットの異常な白色蛍光の基礎特性評価

石川, 満

内容記述
本研究の主題である白色蛍光量子ドットの合成では、合成直後の配位性溶媒中のCdSe量子ドットをクロロホルムに分散させることが常法としてよく知られている。このとき、スペクトル幅が著しく広い白色発光が観測される。ところが、合成直後の量子ドットを常法に反してジクロロメタンに分散させると、驚くべきことに極大波長が~400 nmの青色発光が得られた。このような蛍光スペクトルに及ぼす顕著な溶媒効果を、塩素を含む溶媒に着目して詳しく調べた。その結果、溶液中における量子ドット形成のメカニズムと量子ドット表面における配位性溶媒の役割を深く理解する手がかりが得られた。 The method of dispersing as-prepared CdSe quantum dots (QDs) coverd with a coordinating solvent in chloroform is widely known as a common thchnique for preparing QD samples in solution. We have followed such procedure involving chloroform and repoeted unusual spectrally-broad florescence, or white-right fluorescence from DdSe QDs in chloroform in our buplished paper. In the present work we used dichloromethane instead of chloroform and found blue fluorescence at the maximum of 400 nm. Starting from this surprising observation we have critically examined solvent effects of the fluorescence spectra of CdSc QDs, especially focusing the use of solvents involving chlorine, and successfully obtained clue to clearly understand prossible mechanism of formation of QDs in solution and the role of coordinating solvents on the surfaces of QDs.
科学研究補助金研究成果報告書 研究種目:挑戦的萌芽研究, 研究期間:2014~2015, 課題番号:26600029, 研究分野:ナノ粒子に関する光物理化学, 研究者番号:70356434, 研究分担者:宇和田貴之(UWADA, Takayuki), 城西大学理学部, 研究者番号:3045544. 4p.
本文を読む

http://libir.josai.ac.jp/il/user_contents/02/G0000284repository/pdf/JOS-kaken26600029.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報