Research Paper 第二言語習得における筆記ランゲージングの効果とプロセスの解明

石川, 正子

基盤研究(C)(一般)2016-06 , 城西大学
Description
「ランゲージング」とは外国語学習者が疑問に感じたことや自らの言語使用を振り返る際に、それらについて話したり書いたりすることで、これまで口頭ランゲージングの学習促進効果が多数報告されている。本研究ではその筆記版(筆記ランゲージング:WL)に焦点を当て日本人大学生を対象に2回の実験を行ったところ、両実験の英訳テストで筆記ランゲージングの学習促進効果が確認された。この結果は、ランゲージングは口頭だけではなく、筆記にも学習効果があることを示している。 "Languaging" is language produced by learners when they encounter linguistic problems or reflect on their language use. To date, many studies have reported the facilitative effect of oral languaging on language learning. Focusing on written languaging, this study investigated its effect with Japanese university students as participants by conducting the two experiments, both of which produced evidence that written languaging has a positive impact on Japanese-English translation tasks. These results indicate that not only oral languaging but also written languaging facilitates language learning.
科学研究補助金研究成果報告書 研究種目:基盤研究(C)(一般), 研究期間:2013~2015, 課題番号:25370696, 研究分野:第二言語習得, 研究者番号:10552961. 研究分担者:鈴木渉(SUZUKI, Wataru), 宮城教育大学・教育学部, 研究者番号:60549640. 5p.
Full-Text

http://libir.josai.ac.jp/il/user_contents/02/G0000284repository/pdf/JOS-kaken25370696.pdf

Number of accesses :  

Other information