Departmental Bulletin Paper 高齢社会問題とシルバー人材センターの役割
コウレイシャカイモンダイ ト シルバー ジンザイ センター の ヤクワリ
Organizational Characteristics of Silver Human Resource Center : Focus on the organizational principles

塚本, 成美

12pp.63 - 94 , 2016-03 , 城西大学経営学部
シルバー人材センターは高齢者に就業機会を提供することを事業としているが,その目的は,高齢者の社会参加と地域貢献を促進し,地域を活性化することにある。その意味で,もともと社会的機能に軸足をおきつつ,経済的機能をあわせもつ地域の社会運動組織である。近年,シルバー人材センターは,経済的側面において二つの課題をつきつけられている。第一に,高齢者就業斡旋機能の強化,第二に,経済的自立性の向上である。背景にあるのは,高齢社会が提起する諸問題,例えば,国家財政の逼迫,地域活動の担い手不足,高齢者の就業ニーズの増加,そして高齢者の貧困と孤立である。経済的側面における機能強化の要請に対して地域社会組織としてのシルバー人材センターはどのような方向で運動を展開していけばよいのか,本稿では,新しい公共社会の形成との連関で検討した。The work of Silver Human Resource Center (SHRC) is to provide a work for the elderly, and its purpose is to promote the participation and contribution of the elderly to society and to vitalize the local community. SHRC is originally a social movement organization in local community both with social function and with economic function. Recently SHRC has two issues it should work on immediately: firstly, to enhance the function to provide a work for the elderly, and secondly, to innovate the organization for raising the degree of economic independence. The background of these issues are problems raised by aged society, for example, the nation's hard-pressed economy, decrease of labor force for activities of local community, increase of needs of the elderly for work, and poverty and isolation of the elderly. This paper discusses the issue, for what direction SHRC movement as social organization in local community will develop for demand of enhancement of economic function, relating to new public.

Number of accesses :  

Other information