Research Paper 軟骨細胞外環境の再構築を誘導するコラーゲン分解物の探索

中谷, 祥恵

本研究では、関節軟骨の外傷および疾患時に生成されるコラーゲン分解物が、関節軟骨の破壊を知らせる伝達物質としてなんこつ細胞に認識され、遺伝子発現を介して細胞外環境を再構築する可能性を検討した。申請者はコラーゲン分解物の1つであるプロリル-ヒドロキシプロリン (PO) が軟骨細胞の遺伝子発現を介してアグリカン産生を増加させる生理活性ペプチドであることを見出した。POの標的遺伝子を探索した結果、変形性関節症時に発現が増加することが報告されているPKCzetaのmRNA発現をPOが抑制する可能性を見出した。 Aging is one of risk factors for the articular cartilage disorder known as osteoarthritis. It is generally accepted that collagen hydrolysate (CH) supplements ameliorate aging-induced osteoarthritis. The purpose of this study was to explore gene markers for an effective solution to treat osteoarthritis by using transcriptome analysis of chondrocyte cell lines supplemented with CH. Gene ontology analysis indicated a new candidate gene, protein kinase C zeta (PKC zeta), for the differentiation of chondrocytes. The mRNA levels of PKC zeta in the transcriptome analysis were suppressed by CH. Our findings suggest that PKC zeta may be a candidate age-promoting factor in articular cartilage and that CH could suppress PKC zeta expression to prevent aging of articular cartilage.
科学研究補助金研究成果報告書 研究種目:若手研究 (B) , 研究期間:2013~2014, 課題番号:25861338, 研究分野:軟骨代謝学, 研究者番号:20453425. 4p.

Number of accesses :  

Other information