Research Paper 日本人の主食である水飯米の機能に関する研究

清水, 純

本研究では、水飯米がマウスのDDS誘導大腸炎を改善するかどうかを明らかにすることを目的とした。我々は、水飯米の経口投与は、マウスの体重減少、MPO活性などを大腸炎の症状を改善させることを発見した。また、DNAマイクロアレイによる大腸組織の網羅的解析から、水飯米は細胞周期に関係する遺伝子の発現を増加させた。さらに、米由来のペプチドは、炎症を誘導した腸組織のバリア機能を維持すると考えられた。これらの結果から、水飯米は、炎症性大腸炎の予防と改善に働く可能性が示唆された。 In this study, we investigated to clarify whether cocked rice (CR) improved the DSS-induced colitis of the mouse. We found that the oral CR improved a symptom of the colitis with the weight loss and MPO activity of the mouse. In addition, gene expression analysis of colon tissue by DNA microarrays, CR increased the expression of cell cycle-related genes. Furthermore, rice-derived peptides were considered to maintain the barrier function of the intestinal tissue that was induced inflammation. These results suggest that dietary CR may relieve the prevention and improvement of inflammatory bowel disease.
科学研究補助金研究成果報告書 研究種目:基盤研究 (C) , 研究期間:2012~2014, 課題番号:24500993, 研究分野:食品機能学, 研究者番号:70297597. 4p.

Number of accesses :  

Other information