Research Paper 災害と交流からみる近世アジア民衆史の考古学研究

石井, 龍太

研究活動スタート支援2015-05 , 城西大学
本研究は、近世アジア民衆史の災害と交流に関する考古学的研究である。まず石垣島北部の安良村跡の発掘調査を実施した。この村は18世紀の歴史津波によって被災している。村跡から発掘された過去の人間活動は、18世紀の津波災害と19世紀の集落の復興の様子だと解釈された。また琉球諸島、奄美諸島、済州島にて家庭内で行われた豚飼育施設を調査した。アジア島嶼部のおける畜産技術の交流を明らかにすることは出来なかったが、堆肥生産や廃物処理が地域を超えて共通して行われること、1970年代には同時に消滅していくことが比較研究によって明らかとなった。 This project is an archaeological study of disaster effects and trade history in early modern-era Asia. Excavations were carried out in the Yasura village site, located in the Northern part of Ishigaki Island. This village was destroyed by tsunami in the 18th century. This study led us to believe the site contains evidence of human activities resulting from the tsunami disaster in the 18th century and village reconstruction efforts during the 19th century. And we have researched pig breeding sites in Ryukyu, Amami and Jeju Island (South Korea) and could not find evidence of pig breeding technology transfer in the Asian Island area, but a comparative study led us to believe that the pig breeding systems utilized compost production and waste treatment techniques which originated outside the local area, both of which disappeared simultaneously during the 1970s.
科学研究補助金研究成果報告書 研究種目:研究活動スタート支援, 研究期間:2013~2014, 課題番号:25884016, 研究分野:歴史考古学, 研究者番号:00712655, 5p

Number of accesses :  

Other information