Departmental Bulletin Paper 丸岡城天守の掘立柱について

吉田, 純一  ,  Yoshida, Junichi

Description
丸岡城天守は天正4 年(1576)に柴田勝豊によってつくられたと伝わる。昭和23 年の福井地震で倒壊したが、昭和26年~30年に復元再建され、犬山城天守とともに初期望楼型天守の典型として知られ、石瓦葺や掘立柱の使用など類例のない特徴を持ち合わせている。平成27 年、坂井市に当天守の国宝化を目指す「丸岡城国宝化推進室」が設置され、新たな資料の蒐集や新知見を探る調査研究を進行中である。本稿は、このたび入手できた昭和15 年~17 年の修復工事に関する報告書や古写真を用いて丸岡城天守固有の特徴とされる掘立柱について考察する。
Full-Text

http://crf.flib.u-fukui.ac.jp/dspace/bitstream/10461/28503/1/2016_FUT%e7%a6%8f%e4%ba%95%e5%9f%8e%e9%83%ad%e7%a0%94%e7%a9%b6%e6%89%80%e5%b9%b4%e5%a0%b1_%e5%90%89%e7%94%b0.pdf

Number of accesses :  

Other information