学術雑誌論文 感情の記憶

福田, 正治

12pp.19 - 26 , 2015-10-31 , 福井医療科学雑誌編集委員会
ISSN:2424-0176
内容記述
要旨:感情の記憶が脳の記憶系の中で独立して存在するかは明らかではない。ここでは感情の記憶システムを、主観的感情体験を伴う感情記憶成分と身体表出を伴う情動記憶成分の2成分に分けると、感情記憶は宣言的記憶で顕在記憶として特性を有し情報としての意識的な感情とみることができる。情動記憶は非宣言的記憶で潜在記憶として特性を有し、生命維持として無意識的な感情とみなすことができる。感情に関する記憶をこのような独立した2つの脳システムに分けると、感情の記憶に関する心理や情報処理、感情疾患の特性がより明確になる可能性があることを示唆した。
本文を読む

http://crf.flib.u-fukui.ac.jp/dspace/bitstream/10461/28175/1/%e7%a6%8f%e7%94%b0%e6%ad%a3%e6%b2%bb.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報