Research Paper 脳卒中データベースを用いた上衣行為動作の獲得に関与する因子の検討

高間, 仁彩香  ,  伊東, 俊  ,  森下, 千晶  ,  田中, 奈津子  ,  小林, 康孝

11pp.9 - 12 , 2015-08 , 新田塚医療福祉センター
ISSN:1349-2519
Description
上衣更衣動作獲得には精神機能面や身体機能面など様々な因子が複雑に関与するとされている。そこで本研究では、A病院の脳卒中データベース(cerebrovascular accident database;以下、CVADB)を用いて、上衣更衣動作獲得に関与する因子を明らかにすることを目的とした。対象は、回復期リハビリテーション病棟(以下、回復期病棟)を退院したCVADB対象患者243名。回復期病棟入棟時のCVADB項目の中で退院時上衣更衣動作FIM得点(以下、退院時FIM得点)と相関のある項目を抽出し、重回帰分析を行った。その結果、入棟時の整容、記憶、座位保持が重要な因子であり、これらの項目を早期から訓練することで、退院時の上衣更衣動作獲得に結び付けられるものと示唆された。
Full-Text

http://crf.flib.u-fukui.ac.jp/dspace/bitstream/10461/18471/1/%e9%ab%98%e9%96%93%e4%bb%81%e5%bd%a9%e9%87%8c.pdf

Number of accesses :  

Other information