紀要論文 小説『サラバ!』にあらわれた登場人物のあだ名の付け方
A study in how to give nicknames to the characters in“ Goodbye”

大野木, 裕明  ,  Ohnogi, Hiroaki

7pp.73 - 81 , 2016-03-31 , 仁愛大学
ISSN:21853363
NII書誌ID(NCID):AA12463806
内容記述
あだ名やニックネームが付く根拠・理由すなわち呼称の命名方略はさまざまであり,これまでに少なくとも12 種類あることがわかっている(大野木,2015).本研究の目的は,(1)小説『サラバ!』にあらわれた登場人物のあだ名やニックネームがこの12 分類のカテゴリーで説明できるか否か,(2)心理学的なパーソナリティを記述する用例としてこれまでに見出された「パーソナリティの2 面性(坊っちゃん)」「エピソードごとの持続的な人格攻撃(徒然草)」以外の新たなあだ名の特徴的な使用例が見つかるかどうかであった.結果であるが,(1)この小説には登場人物4 名に対し8 件のあだ名と5 種類の命名方略が使われていたが,それらは12 分類の内のいずれかのカテゴリーで説明可能であった.(2)あだ名「ご神木(しんぼく)」に関して,小説の最初では「分類5:身体的特徴の見立て」に,それが後半では新たに「分類11:性格的特徴の見立て」という別の命名方略(理由・根拠)に変化して使われていた.この同一のあだ名がストーリーの途中で分類5 から分類11 へと変化して用いられたことは,当人の人間的成長や周囲からの対人認知が変化した証拠としてあだ名が使われたケース(人間的成長)であると考察した.
本文を読む

http://crf.flib.u-fukui.ac.jp/dspace/bitstream/10461/28065/1/%e4%bb%81%e6%84%9b%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e7%a0%94%e7%a9%b6%e7%b4%80%e8%a6%81%ef%bc%88%e4%ba%ba%e9%96%93%e7%94%9f%e6%b4%bb%e5%ad%a6%e9%83%a8%e7%af%87%ef%bc%89%e7%ac%ac7%e5%8f%b7-73-82p.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報