Departmental Bulletin Paper 生涯発達と二次的コントロール
Life-span Development and Secondary Control

竹村, 明子  ,  Takemura, Akiko

14pp.25 - 33 , 2016-03-31 , 仁愛大学
ISSN:21853355
NCID:AA12479646
Description
二次的コントロール(Secondary Control)とは,Rothbaum, Weis, & Snyder(1982)が提唱したコントロール概念である.彼らは,自己の目標や欲求に合わせて状況を変えるコントロールを一次的コントロールと名づけ,状況に合わせて自己を変えるコントロールをSCと名づけた.生涯発達心理学では,人は加齢に伴い身体的・認知的機能が低下するが,SCを発達させ,衰退した状況と自己とのバランスを立て直し,高齢期に適応すると推測されている.しかし,SC研究には多くの問題があり,研究者の間で一致した結論に至っていない.本稿は,このSCと生涯発達の関係について考察することを目的に,以下の4点について論じた.第1に,SCとは何かについてRothbaumet al.(1982)を基に振り返る.第2に,生涯発達心理学の分野における先行研究をレビューする.第3に,研究の問題点や課題についてまとめ,第4に,生涯発達心理学分野においてSCに関して研究を行うことの意義について論じた.
Full-Text

http://crf.flib.u-fukui.ac.jp/dspace/bitstream/10461/28057/1/%e4%bb%81%e6%84%9b%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e7%a0%94%e7%a9%b6%e7%b4%80%e8%a6%81%ef%bc%88%e4%ba%ba%e9%96%93%e5%ad%a6%e9%83%a8%e7%af%87%ef%bc%89%e7%ac%ac14%e5%8f%b7-25-34p.pdf

Number of accesses :  

Other information