紀要論文 大学生のストレス、ストレッサー、対処方略─大学生と短期大学生の学年比較─
Stresses, stressors, and coping styles of university students: a comparison of 4-years course students with 2-years course students

森, 俊之  ,  Mori, Toshiyuki

14pp.15 - 24 , 2016-03-31 , 仁愛大学
ISSN:21853355
NII書誌ID(NCID):AA12479646
内容記述
本研究の目的は,大学生と短大生が感じているストレスを測り,学年ごとに様々な視点から比較し,大学生と短大生でどのくらいストレスを感じているのか,どのようなストレッサーにストレスを感じるのか,対処法,ストレスの考え方と捉え方の違いを検討することであった.そのため,大学生316名,短大生229名を調査対象として,自己評価質問紙形式の調査を行った.調査用紙はストレス反応尺度,ストレッサー尺度,コーピング尺度,認知的評価尺度から構成された.各尺度の平均得点を算出し,大学生と短大生の違い,学年間の違いなどを比較した.その結果,大学生と短大生ではストレス反応やストレッサー,コーピングなどの様相が異なることが示された.また,大学4年生はコーピング尺度や認知的評価尺度で他の学年よりも得点が高く,学年が上がることで学生生活の中でストレスのコントロールや対処を行えるようになる傾向が示唆された.
本文を読む

http://crf.flib.u-fukui.ac.jp/dspace/bitstream/10461/28056/1/%e4%bb%81%e6%84%9b%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e7%a0%94%e7%a9%b6%e7%b4%80%e8%a6%81%ef%bc%88%e4%ba%ba%e9%96%93%e5%ad%a6%e9%83%a8%e7%af%87%ef%bc%89%e7%ac%ac14%e5%8f%b7-15-24p.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報