Departmental Bulletin Paper 日本人学生の作文指導に関する一考察 : 短大の授業から
ニホンジン ガクセイ ノ サクブン シドウ ニ カンスル イチコウサツ : タンダイ ノ ジュギョウ カラ
Composition Writing Guidance for Japanese Students : A Study Based on Observation of a Junior College Class

小山, 真理

Description
筆者は2016年度より文化学園大学短期大学部において、初めて「文章表現演習」を担当した。これまで留学生を対象とした「日本語」の授業を主に担当してきたため、日本人学生のみの授業はほとんどなく、誤用も留学生とは違うことに気づいた。そこで本稿では、その誤用を洗い出し、日本人短大生の文章表現に関する諸問題を整理して概観した。誤用では「話し言葉」が最も多く、[話すように書く」傾向がはっきりと現れた。それ以外にも、読点が少ないこと、漢字表記や語彙の選択ミスなども目立ち、漢字力や語彙力の不足が明らかになった。しかし、学生へのアンケート調査では、漢字テストを必要だと感じておらず、危機意識が希薄であることがわかった。また、本授業では、学生が作文嫌いにならぬよう、自己理解・他者理解を織り交ぜた教材を作成し、添削を操り返してきた。アンケートでは、全体の9割弱が楽しんで受講でき、全員が少しでも上達したと答え、当初の目的は達成できた。だが、陥りやすい誤用をどう是正するか、語彙力をどうつけさせるかなど課題は多い。今回得た分析結果や問題点を、今後の授業計画・教材開発、指導の一助としたい。
Full-Text

http://dspace.bunka.ac.jp/dspace/bitstream/10457/2585/1/001031648_07.pdf

Number of accesses :  

Other information