紀要論文 語と統語の起源論 : 第1部統語論と形態論の本質 <研究ノート>
ゴ ト トウゴ ノ キゲンロン : ダイ1ブ トウゴロン ト ケイタイロン ノ ホンシツ
Theories on the Origin of Words and Syntax : Part1: The Nature of Syntax and Morphology

オーエン, ジョン・D

内容記述
本稿は2部構成の論文「語と統語の起源論」の第1部にあたる。第1部「統語論と形態論の本質」では、語形成を支配する法則と、言語学的表現で発生する語彙的構成要素と統詩的構成要素の接点を検証する。語と統語の起源に関しては、次の2つの相関的問題を提示しなければならないだろう。1. 何が言語発達を左右する法則を決定するのか。2. どのような法則が統語的言語処理の発生において語の配列を決定するのか。第2部の「形態論に関する考察と仮説」では、この2つの問題が実際には別個の問題ではないかもしれないことを検証する。言い換えるなら、おそらくこの議論のさらに適切な提言となるだろうが、語を発生させる文法要素は、語句や文章を発生させる要素とは別個でかけ離れたものなのか、という問題である。さらに進めた議論として主張したいのは、この二分法の認識は、発話の構成要素を作る「言語レベル」を話者が決定し特徴づけることに大きく影響を受けると思われることである。
This paper contains the first of a two part discussion of Theories on the Origin of Words aod Syntax. In this first discussion, The Nature of Syntax and Morphology, we will examine the rules that govern word production and the interface between lexical and syntactical elements, which arises in the occurrence of linguistic expression. We shall address two relative issues in regards to the origin of words and syntax: 1. What defines the rules that govern the development of words? 2. What rules determine the sequence of words in the production of syntactic computations? In the forthcoming second discussion, Debates and Suppositions of Morphology, we will examine arguments that these two qustions may not actually be distinct issues. In other words, perhaps a moer ralative line of questioning for our discussion might be to ask, are the components of that produce phrases and sentences? Our perception of this dichotomy, as arguments put forth shall attempt to assert, seems largely to depend on where we determine and distinguish the linguistic levels we assign to the elements of utterances.
本文を読む

http://dspace.bunka.ac.jp/dspace/bitstream/10457/2579/1/001031648_12.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報