紀要論文 モラル・エコノミーと地域社会
モラル エコノミー ト チイキ シャカイ
The Moral Economy and Community

糸林, 誉史

内容記述
モラル・エコノミーは,社会に埋め込まれ道徳的規範を伴った社会関係に焦点を当てることの重要性を指摘した。だが,地域社会や規範を本質的なものとして想定しており,その規範がなにに由来するのか,どのような実践の場で生成しているのか,その条件とは何かなど,動態的なプロセスや市場経済との関係についての究明が不十分であった。構造的な組み合わせとして文化と経済を分析することの困難を乗り越え,経済的な活動がいかに生じているのか,それが文化的に構築された文脈の中にいかに埋め込まれているのかを明らかにする必要がある。本研究の目的は,1970年代のモラル・エコノミー論争と1990年代の記号論的転回を経由して「経済的なもの」を捉えるための社会的文脈へと拡張するために,各分野の理論を比較検討することによって,結合体,連結体,ネットワークなどの概念と「経済的なもの」をめぐる説明モデルの内容や有効性を検証することである。また,近年,再評価の高まりつつある記述モデルとしての「アクターネットワーク理論」の可能性をみることで,物質的記号論の次元が切り開く社会形成の邂逅の層位の可能性についても検討を加えたい1)。
本文を読む

http://dspace.bunka.ac.jp/dspace/bitstream/10457/2572/1/001031648_01.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報