Departmental Bulletin Paper 服飾雑誌『装苑』にみるアメリカ服飾流行の表象の変容 : 1930~1950年代を中心に
フクショク ザッシ ソウエン ニ ミル アメリカ フクショク リュウコウ ノ ヒョウショウ ノ ヘンヨウ : 1930~1950 ネンダイ オ チュウシン ニ
The Study of Assimilation of American Fashion in “SO-EN” : From the 1930s to the 1950s

田中, 里尚

47pp.69 - 82 , 2016-01-31
ISSN:21873372
NCID:AA12744962
Description
戦中・戦後期におけるアメリカ文化受容の様相について、服飾雑誌『装苑』という史料を軸にして、その表象の変容を追った。1936 年創刊の『装苑』は、太平洋戦争が始まるまでの間、アメリカの服飾流行を好ましく思い、その「合理性」や「経済性」について、パリ・モードよりも高く評価していた。戦争が泥沼化する中でアメリカの服飾流行は否定されていくが、論者の中には一定の評価を与えるものもあった。戦後において、『装苑』は、論説内においてはアメリカ服飾流行に対して一定の距離を置くが、グラビア表現はアメリカンスタイルそのものであり、論説と画像の方向が乖離していた。1949 年ごろから、それらの乖離を埋める努力が始まったが、洋裁教育自体がパリを向きつつあったため、アメリカ服飾流行の意味づけで議論となった。1952 年には、「アメリカンスタイル論争」が開始され、アメリカ服飾流行への批判が強まった。その結果、アメリカ服飾流行は若者向きで、物質的な力を背景とした既製服製造に最も適合したスタイルとしてのみ描かれるようになった。したがって、日本の戦後において、アメリカ衣料が若者・既製服向けとされるに至った経緯は、服飾雑誌における表象の推移にも見て取ることができよう。
Full-Text

http://dspace.bunka.ac.jp/dspace/bitstream/10457/2434/1/001031547_09.pdf

Number of accesses :  

Other information