Departmental Bulletin Paper 古きよきものを新しい価値観に : 天然染料の持つ自然な色相の調和を通して
フルキ ヨキ モノ オ アタラシイ カチカン ニ : テンネン センリョウ ノ モツ シゼン ナ シキソウ ノ チョウワ オ トオシテ
Creation of a New sense of Value in Traditional Techniques : In Harmony of Beautiful Natural Hue that Natural Dye has

高嶋, 瑞枝

Description
近年、自分のライフスタイルにエコロジーの要素を取り込む人が増えている。例えば、車や家電、食品など“エコ"という概念が盛り込まれている商品はもはや定番として存在している。それと同時に、古くからある日本の道具湯たんぽや風呂敷はエコロジーであるとして、価値が見直されてきている。そして、衣服においては天然繊維、天然染料を使用したモノにこだわる生活者が増え、私自身、化学染料を使用したテキスタイルデザインを研究する中、その過程で出るたくさんの染色排水や化学物質に触れる経験を通して、より環境に負荷の少ない形でテキスタイルデザインが出来ないかと感じ、今回の天然染料についての研究を進めてきた。
Full-Text

http://dspace.bunka.ac.jp/dspace/bitstream/10457/2299/1/002031104_02.pdf

Number of accesses :  

Other information