Departmental Bulletin Paper 「在宅療養支援のための多職種連携研修」の検討―研修受講者の多職種連携の現状から―

多川, 晴美  ,  小野, 幸子  ,  平岡, 葉子

30 ( 2 )  , pp.13 - 16 , 2017-04-13 , 滋賀医科大学雑誌編集委員会
ISSN:0912-3016
Description
在宅療養支援のための多職種連携人材育成研修受講者の多職種間のつながりや連携の現状を明らかにし、今後の研修プログラムの検討資料を得ることを目的に調査した。研究方法は、平成26年度研修受講者125名を対象に、信頼性・妥当性が確認された「在宅医療介護従事者における顔の見える関係評価尺度」「在宅医療介護従事者における連携行動評価尺度」を使用し、受講前に測定した。経験年数の多いグループと少ないグループ、多職種連携会議へ参加しているグループと参加していないグループについて、得点の有意差をMann-Whitney 検定を行った。有効回答97名(77%)で、職種の内訳は看護師74名(77%)、薬剤師8名(8%)、介護福祉士5名(5%)、その他10名(10%)であった。 経験年数の多いグループと少ないグループの比較では、「顔の見える関係評価尺度」は7因子中、1因子のみ経験の多いグループが、有意に得点が高かった。「連携行動評価尺度」では、5因子中、2因子で経験の多いグループが、有意に得点が高かった(p<0.05)。多職種会議に参加しているグループとしていないグループの比較では、「顔の見える関係評価尺度」は7因子全ての項目で会議に参加しているグループが、有意に得点が高かった。「連携行動評価尺度」では、3因子で会議に参加しているグループが、有意に得点が高かった(p<0.05)。
Full-Text

https://shiga-med.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3161&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information