研究報告書 がんの病勢制御と健康寿命延長に寄与する統合的分子病態診断システムの開発

醍醐, 弥太郎  ,  DAIGO, Yataro

2015-05-29
内容記述
科学研究費補助金研究成果報告書
研究種目: 基盤研究(B)
研究期間: 2012~2014
課題番号: 24390145
研究代表者: 醍醐 弥太郎(滋賀医科大学・医学部・教授)
Cancer is one of the most serious diseases which has a notably poor prognosis, and its incidence is annually increasing in Japan and worldwide. The number of patients responding well to current standard cancer therapies is still small, and no diagnostic marker has been sufficiently useful in the detection of curative stage cancers. In this study, we identified various cancer-related molecules, which are being applied as new diagnostic biomarkers. These biomarkers could be useful for early cancer detection, monitoring, and for the choice of therapies, as well as being a suitable therapeutic target.
癌は予後不良な重篤疾患の一つであり、我が国と世界において年々患者数は増加している。標準的な癌治療で効果が得られる場合はいまだ限られており、完全に治癒できる早期の段階で癌を発見できる診断マーカーは実用化されていない。本研究においては、新しい癌の診断バイオマーカーの開発に利用可能な癌関連分子を複数発見した。これらのバイオマーカーは、早期癌の発見、治療効果の確認、治療法の選択のみならず、癌の新薬の開発に貢献するものと考えられる。
Cancer is one of the most serious diseases which has a notably poor prognosis, and its incidence is annually increasing in Japan and worldwide. The number of patients responding well to current standard cancer therapies is still small, and no diagnostic marker has been sufficiently useful in the detection of curative stage cancers. In this study, we identified various cancer-related molecules, which are being applied as new diagnostic biomarkers. These biomarkers could be useful for early cancer detection, monitoring, and for the choice of therapies, as well as being a suitable therapeutic target.
癌は予後不良な重篤疾患の一つであり、我が国と世界において年々患者数は増加している。標準的な癌治療で効果が得られる場合はいまだ限られており、完全に治癒できる早期の段階で癌を発見できる診断マーカーは実用化されていない。本研究においては、新しい癌の診断バイオマーカーの開発に利用可能な癌関連分子を複数発見した。これらのバイオマーカーは、早期癌の発見、治療効果の確認、治療法の選択のみならず、癌の新薬の開発に貢献するものと考えられる。
本文を読む

http://repository.shiga-med.ac.jp/dspace//bitstream/10422/11932/1/24390145.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報