Research Paper インスリン分泌不全者の2型糖尿病発症危険因子の解明:コホート研究

森本, 明子  ,  MORIMOTO, Akiko

2015-05-14
Description
科学研究費補助金研究成果報告書
研究種目: 研究活動スタート支援
研究期間: 2013~2014
課題番号: 25882019
研究代表者: 森本 明子(滋賀医科大学・医学部・講師)
人間ドック受診者を対象とした本研究より、インスリン分泌不全者はより軽度のインスリン抵抗性の増加で2型糖尿病を発症することが明らかになった。また、インスリン分泌不全者は、より少ないメタボリックファクターの集積で2型糖尿病を発症した。そのため、インスリン分泌能の低い日本人においては、軽度のインスリン抵抗性増加や少ないメタボリックファクターの集積にも注意する必要があるといえる。インスリン分泌能を評価し、分泌不全型、抵抗性型に合わせた個別的な保健指導の実施が望まれる。
This study included individuals without diabetes at baseline who underwent comprehensive medical check-ups at Saku Central Hospital. Moderate and large increases in homeostasis model assessment of insulin resistance (HOMA-IR) had a strong impact on the development of type 2 diabetes regardless of baseline HOMA-IR values among individuals with impaired insulin secretion in this Japanese population. Moreover, metabolic factors had a strong impact on the development of type 2 diabetes among individuals with impaired insulin secretion, compared with individuals with insulin resistance.
人間ドック受診者を対象とした本研究より、インスリン分泌不全者はより軽度のインスリン抵抗性の増加で2型糖尿病を発症することが明らかになった。また、インスリン分泌不全者は、より少ないメタボリックファクターの集積で2型糖尿病を発症した。そのため、インスリン分泌能の低い日本人においては、軽度のインスリン抵抗性増加や少ないメタボリックファクターの集積にも注意する必要があるといえる。インスリン分泌能を評価し、分泌不全型、抵抗性型に合わせた個別的な保健指導の実施が望まれる。
This study included individuals without diabetes at baseline who underwent comprehensive medical check-ups at Saku Central Hospital. Moderate and large increases in homeostasis model assessment of insulin resistance (HOMA-IR) had a strong impact on the development of type 2 diabetes regardless of baseline HOMA-IR values among individuals with impaired insulin secretion in this Japanese population. Moreover, metabolic factors had a strong impact on the development of type 2 diabetes among individuals with impaired insulin secretion, compared with individuals with insulin resistance.
Full-Text

http://repository.shiga-med.ac.jp/dspace//bitstream/10422/11918/1/25882019.pdf

Number of accesses :  

Other information