Research Paper カニクイザルを用いた全卵巣組織の凍結融解技術の確立

竹林, 明枝  ,  TAKEBAYASHI, Akie

2015-06-24
Description
科学研究費補助金研究成果報告書
研究種目: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2012~2014
課題番号: 24659729
研究代表者: 竹林 明枝(滋賀医科大学・医学部・助教)
We performed experiment of mouse ovaries before beginning experiment of macaca ovaries. To make a study of thawing condition, we froze mouse ovaries and performed immunohistochemistry of frozen mouse ovaries. Then, we froze macaca ovaries with CAS. The ovaries are kept in liquid nitrogen. Now we adjust a schedule for autogenous transplantation.
カニクイザルの卵巣を凍結融解する前に、マウスの卵巣を摘出して実験をした。マウスの卵巣組織を凍結した後、融解条件の検討のために免疫組織染色をして至適条件の検討を行った。その後、カニクイザル七頭の卵巣をCASを用いて凍結した。現在、液体窒素の中に凍結保存されており、今後、自家移植にむけて調整を行っている。
We performed experiment of mouse ovaries before beginning experiment of macaca ovaries. To make a study of thawing condition, we froze mouse ovaries and performed immunohistochemistry of frozen mouse ovaries. Then, we froze macaca ovaries with CAS. The ovaries are kept in liquid nitrogen. Now we adjust a schedule for autogenous transplantation.
カニクイザルの卵巣を凍結融解する前に、マウスの卵巣を摘出して実験をした。マウスの卵巣組織を凍結した後、融解条件の検討のために免疫組織染色をして至適条件の検討を行った。その後、カニクイザル七頭の卵巣をCASを用いて凍結した。現在、液体窒素の中に凍結保存されており、今後、自家移植にむけて調整を行っている。
Full-Text

http://repository.shiga-med.ac.jp/dspace//bitstream/10422/11912/1/24659729.pdf

Number of accesses :  

Other information