紀要論文 死期が迫った患者の心理面への看護の特徴とそれを支える要因 : 緩和ケア認定看護師の語りの分析(研究報告)
シキ ガ セマッタ カンジャ ノ シンリメン エノ カンゴ ノ トクチョウ ト ソレ オ ササエル ヨウイン : カンワ ケア ニンテイ カンゴシ ノ カタリ ノ ブンセキ ケンキュウ ホウコク

生田, 奈穂  ,  畑野, 相子  ,  蓑原, 文子

14 ( 1 )  , pp.29 - 35 , 2016-03-31 , 滋賀医科大学
NII書誌ID(NCID):AA11818837
内容記述
 本研究は、死期が迫った患者の心理面への看護の実際の特徴とそれを支える要因を記述することを目的とした。緩和ケア認定看護師3名を対象とし、半構成的面接調査を行い、逐語録を作成し、看護の実際とその要因分析を行った。 その結果、97の語り、34のサブカテゴリー、15のカテゴリーが得られた。看護の実際では、【希望を具体的に聞き取るように情報収集】【その人らしさを支えるように条件整備】【信頼関係が築けるように普段の会話】【自身の介入分野を見極めてスタッフと協働】【告知や死の受け入れ方に合わせて対応】【死に関する発言を受け止めて寄り添う】【患者のこれからの過ごし方を模索】の7つ、看護を支える要因では【緩和ケアに関する知識とその実践】【看取りの経験を知識に変える努力】【安心して逝ってもらえたと思えた体験】【看護師仲間での看取りの振り返り】【死との向き合い方の振り返りと模索】【死を否定せず生物体の死としての受け止め】【死に関する応答は自分自身が技術やスキル】【死生観を高めるためには日々の精進】の8つのカテゴリーが得られた。この中で終末期看護の特徴的なものとして【希望を具体的に聞き取るように情報収集】【告知や死の受け入れ方に合わせて対応】【死に関する発言を受け止めて寄り添う】が抽出された。
本文を読む

http://repository.shiga-med.ac.jp/dspace//bitstream/10422/11613/1/JN_SUMS1401p029.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報