紀要論文 長期療養患児への連絡カードを用いた復学支援の実際(実践報告)
チョウキ リョウヨウ カンジ エノ レンラク カード オ モチイタ フクガク シエン ノ ジッサイ ジッセン ホウコク

山本, 佳恵  ,  川根, 伸夫  ,  野村, 明孝  ,  桑田, 弘美  ,  白坂, 真紀

13 ( 1 )  , pp.70 - 73 , 2015-03-31 , 滋賀医科大学
NII書誌ID(NCID):AA11818837
内容記述
長期療養児が復学する際の支援を目的として連絡カードを作成し、運用したところ、医療者と担任が子どもの情報共有を行うことで医療者側は、学校生活を理解しやすくなるという成果が見られた。そこで、児を受け入れた担任の連絡カードの利用状況を分析したところ、教員の小児がん患者に対する知識を補うことができ、児と関わる際の不安を軽減できることが明らかになった。医療者は児の退院後の生活についてより関心を持ち、入院初期から適切な介入ができると考えられた。また、連絡カードの運用について担任にインタビューをしたところ、担任は【児をサポートする同士として役立ちたいと意識】しているが、【初めて長期療養児を担任することに葛藤】するため、連絡カードでの情報共有を通して、児との関係を構築でき、【学校からの情報発信の有用性を実感】していることが明らかとなった。
本文を読む

http://repository.shiga-med.ac.jp/dspace//bitstream/10422/9309/1/JN-SUMS1301p070.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報