学術雑誌論文 ホルスタイン種乳牛にみられた上顎洞内膿瘍の1症例

髙橋, 英二  ,  山田, 一孝  ,  古林, 与志安  ,  猪熊, 壽  ,  TAKAHASHI, Eiji  ,  YAMADA, Kazutaka  ,  KOBAYASHI, Yoshiyasu  ,  INOKUMA, Hisashi

69 ( 2 )  , p.93-96 , 2016 , 日本獣医師会
内容記述
7歳6カ月齢のホルスタイン種乳牛が顕著ないびき音を呈し,さらに左側頬骨部の一部で波動感を有する腫瘤が触知された.頭部X線検査により上顎洞内への液体貯留と上顎第3後臼歯の歯槽骨の融解が認められ,歯性上顎洞炎に継発する大型膿瘍であることが推察された.病理解剖により病変は上顎洞内膿瘍であることが明らかとなった.牛における頭部X線検査が上顎洞内膿瘍の診断及び病態の把握に有用であった.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jvma/69/2/69_93/_article/-char/ja/
本文を読む

http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/bitstream/10322/4257/1/inokuma69%282%29%2c93-96%2c2016.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報