紀要論文 人間福祉学における「プロセス哲学」の意味と可能性Part III : 福祉学上の方途的意味と展開可能性の軸芯を探る

牛津, 信忠

内容記述
 精神性の要に志向性を位置づけ,それを論理の軸芯に据えることにより,量子論に基づく科学的志向が,単なる「機械論的論理」へと落ち込むことから離脱できる。さらに全体としての総合的作用動態たる宇宙的世界への開きのもとで,一(いち)存立体としての統合性の継続を可能にする確実な営みを考察する。このような継続的営みにおける個としての存立への対応特性に注目して,それを対人福祉の営みとして重視する。このような作動の精神的核として,ホワイトヘッドはキリストの説いたままの「愛」を指し示している。愛の高揚のプロセスは,把握された事実を越えていく志向性の歩みとして理解される。それは,一たる存在の存立それ自身を支える条件設定によって可能になっていく。この条件が人間福祉施策,活動,技術等である。プロセス哲学は,こうした福祉展開を総合的に意味づけてくれる。
  Scientific intention based on quantum theory can avoid falling into mere mechanistic logic by positioning intentionality in the pillar of spiritualism and on the core of logic. Furthermore, we examine certain workings that enable the continuation of integration into one existence by opening to the world with overall synthetic dynamic operation. Paying attention to the corresponding characteristic of existence as one person in such continuous working, we perceive and act on it as the working of personal welfare. As mental content in the core of such operation, Whitehead points to the love preached by Christ. An upsurge of love is understood in the form of steps in intentionality exceeding the grasped fact, and love becomes possible through conditions of establishing support for the existence itself of one person. Those conditions are human welfare policy, activity, technology, etc. Process philosophy provides significance to such a development of welfare through synthesis.
本文を読む

https://serve.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3358&item_no=1&attribute_id=22&file_no=2

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報