Departmental Bulletin Paper 健康心理学における健康教材作成の効果 : アクティブ・ラーニングを取り入れた授業運営

村上, 純子

Description
 健康心理学において,健康の維持・促進,疾病の予防などに必要な知識や態度を習得させるための健康教育は重要な位置を占める。大学における健康心理学の授業目的は,健康生活に関わる心理を構築,支援するための心理学的理論を学習することであるが,同時に学生が自らの生活を顧み,授業自体が彼らにとっての健康教育となることも望まれる。そこで,健康教育に関する教材を作成するというアクティブ・ラーニングによる授業を行い,健康心理学の授業目的に対する効果を検討することを試みた。方法としては,過去3年間学生によって作成された健康教材作品の分析,学生のアンケート結果の集計や自由記述の分析を行った。その結果,健康教育教材を作成するアクティブ・ラーニングには,健康教育の実践的理解と,健康に対する理解の促進,知識の拡大,さらには,自分自身の健康行動改善への意欲を引き出す効果があることが示唆された。
  In Health Psychology classes, health education aims to teach the knowledge and attitudes necessary to sustain and promote good health and to prevent disease. College-level Health Psychology teaches psychological theory of health and health behavior but it is also expected that students will review their lifestyles because the class itself contains desirable health education for students. This study reviewed the effectiveness of using active learning techniques in Health Psychology classes (i.e., student-group creation of teaching materials). Examination of student-created teaching materials for the past three years and of a questionnaire suggested several improvements. In summary, by creating health-teaching materials, students gained a practical understanding of health education and more knowledge of health and health promotion. They also had the opportunity to review and were motivated to improve their individual lifestyles.
Full-Text

https://serve.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3352&item_no=1&attribute_id=22&file_no=2

Number of accesses :  

Other information