Departmental Bulletin Paper 統語的発達と初期古英語の主節における動詞末尾語順

小林, 茂之

 本論文は,古英語語順へのラテン語の影響の理論を再考し,Kiparsky(1995)による古英語の動詞文末語順の統語的発達の理論を文献的観点と歴史的観点から裏付けることを目的とする。 Kiparskyは,古英語散文がラテン語による影響を受けたものであるという文献学者による伝統的理論に対して,初期古英語の動詞文末語順が449年のアングロ・サクソンの到来以前にブリテン島にもたらされたゲルマン語に遡るという理論を主張している。 Kiparskyの理論は,Oppenheimer(2006)による古英語が他のゲルマン語との分岐に関する考古学的,人類学的理論とよく一致している。初期古英語文献における動詞文末語順は古英語に関するラテン語の影響と見なすべきでなく,Wessex(西サクソン)方言の固有の特徴を反映していると考えるべきである。
  This paper aims to reconsider the theories regarding the influence of Latin on Old English (OE) word order and support Kiparsky’s (1995) theory of syntactic development of verb-final word order in OE from both philological and historical perspectives.  While the philological theory that Latin influenced OE prose has been accepted, Kiparsky opposes the traditional perspective regarding verb-final word order in Early Old English literature, which can be traced back to a Germanic language brought to Britain before the Anglo-Saxon invasion in 449 AD.  Kiparsky’s theory is consistent with Oppenheimer’s (2006) archaeological and anthropological theory of the divergence of OE from other Germanic language branches. The verb-final word order in Early Old English literature should not be regarded as evidence of Latin influence on OE, but rather the indication of an indigenous characteristic of the Wessex version.

Number of accesses :  

Other information